創業安政初年 なごや 栄 雀おどり總本店 おすすめのお菓子 雀おどりの歴史 和菓子屋のブログ
オンラインショップ 店舗のご案内 お問い合わせ
菓子
甘味
FAX注文書

[ 羊羹 youkan.]

     
 

 ↑ 写真左側 本煉り羊羹  写真右側 大島羊羹

本煉羊羹    税込み1500円

本煉は、じっくり煮込んだ寒天液に
粗目と種子島産のショ糖(黄ザラ)を加えました。
あと、蜂蜜も少し。

…しかし、硬さがなかなか難しいんですよねえ。
賞味期限…30日 販売期間…通年

 

大島羊羹       税込み1500円

大島は、黒砂糖の別称です。
いまは、西表産・波照間産の黒糖を使っています。

近年では良質な黒砂糖を安定的に手に入れることが難しくなってきました。

3年ほど前に見学に行きましたが、
黒砂糖作りって、ほとんど農業です。

収穫の時期には、ほとんど休み無く

100日間サンゴ礁の小島で砂糖を作り続けるんですよ。

     
 

 

小倉羊羹    税込み1500円

小倉って粒餡のことですが、
…こいつもかなり買いにくい大きさです。笑

堂々として、
媚びない佇(たたず)まいであります。

食べやすくて、個包装で、
やわらかくて甘くない。
みたいな軟弱な最近の風潮に真っ向対決。

切れのある甘みのお菓子がもっと作れるといいなあ。

     
 

 

煉栗羊羹    税込み2000円

栗くりクリ。

一年分の季節の恵みを、この一本に凝縮しました。

2日間かけて作った自家製の蜜漬け栗を

どんどん放り込んで作った羊羹です。

繰り返し煮込んだ栗のとろりとしたうまみ。

…ふふふ。

ちょっとお値段高いけど、自信あります。

     
 

 

雀おどりの羊羹は、
昔ながらのサイズ(約20センチ)で

確かに少々買いにくいです。


(家族が5人ぐらいいれば丁度いいんですが。

そんなお客様に会えるとほっとします。)

でも、でもね好きなんですよ。
一見無愛想なんだけど、独特のやわらかい甘さが。

主張しすぎないところが、好ましいと思います。
そんな風に愛でながら、渋いお茶でいただいてもらえたら


…すごく嬉しいです。

 

【特定原材料 小麦粉・卵・牛乳・そば・落花生の使用はありません。】

 
このページのトップへ